No Man's Land

d0012451_17432070.jpg今週末も、先週に続いてアートイベントへ。広尾にある、フランス大使館の旧庁舎で開催された『No Man's Land』という展覧会に行ってきました。取り壊し前の建物をフルに利用して、建物内外が現代アートで埋め尽くされていたこちらのイベント、その規模は展覧会というよりもお祭りみたいでした。古くてかしこまった印象の建物ともあいまって、さながら学園祭のよう。大使館の中を歩き回れるだけでも面白そうと行ってみたのですが、かなり見ごたえがあり、無料のイベントとしては太っ腹だなーと(笑)あまり遅くなるのは嫌だったので、結局全部は観ずに帰ってきましたが、雰囲気だけでも十分楽しめました。曜日によっては遅くまでやっているイベントですが、夕方は入場に長蛇の列をなしていたので、早めの時間帯が狙い目かも。オープンなイベントなので意外に子連れ、赤ちゃん連れも多かったです。
この後、恵比寿まで歩いてアトレで授乳&オムツ換えしてから帰宅。知らない間に恵比寿のアトレに赤ちゃん用の施設が整っていてびっくり。最近、出かけるときは必ずこうした設備があるかどうかを確認したり、授乳や帰りの時間を逆算しながら行動するようになったので、外出がかなり計算的(?)になりました。

子供が生まれてからの外出時には、いかに行動しやすいか、いかに赤ちゃん受け入れの設備や対応が整っているかが本当に大事。

本日は近所のカフェへ散歩がてら行って来たのですが、こあがりの座敷に通してもらい、赤ちゃんのために座布団も用意してくれました。さらに、尋ねる前に店員さんが「奥で授乳とおむつ換えが出来るスペースがありますから、ご自由にお使い下さい」と言ってくれたので、(結局使わなくて済んだけど)すごく安心出来ました。

まだまだ私と息子だけでの外出には慣れてないのですが、夫が一緒だと安心するし、気分転換になるので休日にはこうやって出掛けられるのが有難いです。
[PR]
by skintandminted | 2010-01-24 18:15 | art


<< 丸の内ランチ。 赤ちゃんスペース。 >>