FUJI ROCK REPORT 7月30日(日)

あっという間に最終日。昨日の夜にはあんなに踊ったのに、まだまだ続いて欲しい!って思っちゃいます。。。

この日に最初に観たのはホワイトステージのrinocerose。ipodのCM曲"Cubicle"でおなじみのバンドですが、なかなかライブも魅せてくれます。真昼間のアクトですが、ダンス+ロックのリズムがカッコ良いのでお客さんもかなり踊ってました!次はBroken Social Sceneですが、これもまた良かった!大好きな"Fire Boy"もやってくれたし、フジロックの景観にぴったりな心地よいライブです。前のほうのお客さんが熱狂的だったので、スタッフに止められながらも(笑)メンバーがアンコールに応えてくれました。その後はしばらく間が開いたので、ところ天国の川で涼んでました。この日、めちゃくちゃ暑かったんです!アラブ人のように布をぐるぐる巻いて、日焼け対策にしていました。。。夕方に登場したのはThe Raconteurs 。何気にフジロックに3回も来ているジャックが、いつもより気軽な雰囲気で登場。ライブ自体は短くて40分そこそこだったのですが、とても良かったです。ホワイト・ストライプスとは違ったライブで、もっとゆるいし、ジャックも目立つんだけど、メンバーの一人として機能している感じ。いや、とっても目立つんですけどね。ジャックのギターもそこまで前面には出てませんし。ストライプスの才能爆発!なライブは最高ですけど、こちらも好きでした!
そして大トリである、THE STROKESが登場。この日はあんまりお客さんがいないような気がしたのですが、この時に実感。前に行っても観やすかったです。でも、メンバーには相変わらず声援が飛んでました。絵になる5人です。ライブの方は1st~3rdの曲を織り交ぜた充実の内容で、最初の頃の彼らはライブが短くて有名でしたけど、かなり演奏してくれました。演奏も悪くなかったと思います。・・・ただ、曲間があまり盛り上がらなかったんですよねー。何が悪いのかわかりませんが、ちょっと不完全燃焼。ジュリアンもかなり盛り上げようとしてくれて、客席まで降りてきたりと大サービスだったのですが、うーん、という感じ。
その後、MOGWAIを捨てて臨んだのはvery special guestのHAPPY MONDAYS。「ぐだぐだならそれでもいいや」という演奏自体への期待の薄さとは裏腹に、かなりファンキーで楽しいステージ!さすがにメンバーはオッサンになってましたけど、べズはやっぱり何もしないで踊ってるだけ、ショーンはやっぱり意味不明、と感慨深いものがありました。最後は"24 hour party people"で終わって気分は最高!

それからはたくさんオアシスエリアでゴハンを食べたり、レッドマーキー前でDJ聞いたり、クリスタル・パレスというバー(兼サーカス小屋、みたいな・・・)で飲んだり、もう一度レッドマーキーに戻ってべズのDJで踊ったりしてました。しかしべズはDJでも他人任せで何もしない(笑)歌って踊るだけなのでお客さんと変わらないじゃん、っていう。。。かけたのはOASIS、STONEROSES、プライマルと有名どころでしたが、楽しかった!朝まで踊って、フジロックの最後の夜を満喫できました。

あー、あっという間だったなー。でも楽しかったーーー。
[PR]
by skintandminted | 2006-08-01 16:38 | music


<< フジロック後・・・ FUJI ROCK REPOR... >>