スペイン・ポルトガル旅行 ⑤リスボン

今回の旅行の最終地、リスボン。前々から行ってみたいと思っていましたが、想像以上に素敵な街でとても気に入ってしまいました。Michelleなんて、次の旅行もリスボンが良い!というくらい。(ちなみに彼女はバックパック旅行したヨーロッパのどの国よりもポルトガルが好きみたいです。)その理由を挙げると、食べ物が安くて美味しいこと。素朴ながら美味しいお菓子があること。温かく、どこか懐かしい雰囲気。のんびりしている。人々が親切かつ英語が通じる。(ちなみに、アンダルシアはかなりBody languageで通してました。)町並みが可愛らしい・・・などなど、あげればきりがありません。怒涛のスケジュールだったので、ゆっくり3泊出来たのも良かったのかな?とは思いますが、それにしても素敵な街・・・いや、国だなーと思います、ポルトガル。
d0012451_8391694.jpg
写真左上から時計回りに、どこかの広場から見た景色、ジェロニモス修道院、ベレンの塔、コルメシオ広場の風景。
一日目は着いたのが遅かったので散歩程度、2日目はベレン(リスボン市内)、3日目はシントラ(リスボンから電車で1時間弱)、というスケジュールでした。ベレンはジェロニモス修道院(世界遺産)が大きくてびっくり。中庭の装飾等、なかなか見ごたえがありました。修道院近くの有名なお菓子屋「ベレン」では並んで名産のエッグタルトを購入。今まで食べたエッグタルトで一番だった!外の皮はサクサク、中はしっとり。甘過ぎない味で余裕で3つ食べてしまいました・・・。ポルトガルは町並みが可愛いので、散歩するだけでも楽しかった。写真のとおり夜景も綺麗です。

d0012451_8402098.jpg「リベイラ市場」という市場へも行ってみました。新鮮な野菜がずらりと並んでいて、お値段も安く、「ここに住んでいたら自炊がもっと楽しいだろうなー」と思ってしまった。あとは魚!ポルトガルは世界で第三番目に一人当たりの魚介類の消費量が多い、と聞いたのですが、それもうなづけるほどたくさん売られていました。留学してから魚を食べることが少なくなってしまったので、思わず買って帰りたくなったくらい。。。以下、Michelleとの会話。
「島国なのに、ポピュラーな魚の食べ方がフィッシュ&チップスって・・・」
「しかもスーパーにほとんど売ってないし、高い!」
「興味ないんだろうね、魚に(笑)」
「というか、食に興味ないんじゃない?」
どこの国のことでしょうね・・・。

しかしそんなアジア人2人のフラストレーションも、ここリスボンでかなり和らぎました。ご飯がとっても美味しく、魚も堪能できたからです(笑)一日目は「ボンジャルディン」というローストチキンのお店で。二日目は「ノヴァ・ボンサイ」という日本食のお店、三日目は「ジョアン・ド・グラン」というポルトガル料理のお店・・・と、バラエティー豊かに食べました。お昼に中華料理なんて日も。印象に残ったのは、ポルトガル料理で鍋ごと魚介のリゾットみたいなのが出てきたこと。イカや海老、タラ、蟹、ムール貝などなど、出汁がきいててボリューム満点!!超美味しかったです♪
d0012451_8405349.jpg
ポルトガルはまた、カフェにもたくさん訪れました。ちょっと歩いて疲れたらカフェ・・・という感じで、コーヒーもお菓子もそれぞれ1ユーロ前後で買えるので、気軽に利用してました。そんな中で印象に残ったのがこちらの国立古美術館併設のミュージアム・カフェ。広々とした庭で、テージョ川を眺められるテラスがあり、そちらでランチしました。よく晴れた日だったのですごく気持ちが良かったです。

d0012451_8412625.jpg写真はグリル・チキンとイカのトマト煮込み&ライス、それから大きなカスタードプティング。あとはマカロニサラダも頼みました。どれも良いお味で、セルフサービスながら本格的。聞けば料理はもちろん、お菓子も全てこちらで作っているとか。美術館の入場料を払わないと、おそらく入れないカフェですが(ちなみに私たちは学生だったので無料でした)これだけの雰囲気と味ならカフェ目当てに行くのもアリだ思いました。

d0012451_941325.jpgリスボンでの宿は迷った結果、「パウロの家」という日本人の方が経営するアパートに泊まることにしました。実はその方、同じ建物の1Fにある「Castella Do Paulo」というお菓子屋さんも経営されています。アパートは100年以上もの歴史がある建物で雰囲気があり、立地も良いので、短期間ながら暮らしているかのように過ごすことが出来ます。お部屋もとっても広く、サービスで自家製のチェリー酒やワインなどが置いてあったので、それを飲みながら置いてあった雑誌(リスボン特集のFIGARO)を読んだりしてました。お値段もリーズナブルですし、のんびり過ごしたい&お菓子好きな私たちにはぴったりの宿だったと言えます(笑)滞在中、朝は1F へ降りてコーヒーとパンやお菓子、というパターンで過ごしてました。お土産にもカステラやフルーツケーキなど、色々買って帰りましたが、どのお菓子もとっても美味しかったです!



d0012451_957697.jpgひたすら長くなってしまったリスボン編ですが、シントラという小さな街へも旅行したのでご紹介したいと思います。
写真はテーマパーク、ではなく本物の宮殿。ぺナ宮殿です。シントラ駅からひたすら山道を歩くこと約1時間(?)、こんなカラフルかつ色々な建築様式がごちゃまぜになった、おとぎの国のような建物が見えてきます。時間が遅く、残念ながら中に入ることは出来ませんでしたが、いつか絶対に中を覗いてみたい・・・と思わせる外観。

d0012451_9573324.jpgでも国立公園になっているお庭(というか山道にあるんですが)は歩き回ることが出来ました。写真は白鳥、ではなくて黒鳥。。。初めて見ました!なんか「みにくいアヒルの子」がそのまま大きくなったような感じですが、ちょっとカッコいい。
ちなみにシントラは他にも名所がありますし、お菓子が有名なので小旅行にぴったりだと思いました。リスボンへ行かれる方は、足を伸ばしてみるのもいいかもしれません。
[PR]
by skintandminted | 2008-04-16 10:05 | travel


<< スペイン・ポルトガル旅行 So... リーディング中。 >>